トップページ > サービスニュース > 【機密文書の取り扱いの危険性、重要性】

サービスニュース

サービスニュース

【機密文書の取り扱いの危険性、重要性】

どこの企業にも必ず発生する機密文書。
みなさんは機密文書をどのように処分や管理されていますか?

 

 

今回は機密文書の取り扱いの危険性、重要性についてお話します。

 

 

1、そもそも機密文書って?
機密文書とは、社外又は社内で漏らせない情報が記載している書類のことです。

一般的には、個人情報記載の書類、経理書類、会議資料などが「機密文書」にあたります。

企業によっては設計図や作成図など専門的な資料も機密文書にあたります。

 

 

2、機密文書の重要性

 

みなさんは機密文書をどう処分・管理されていますか?

「機密文書」という認識があまりなく、

可燃ごみに出して処分したり、机上に放置したりしていた方はいらっしゃいませんか。

 

近年、情報漏えいの件数は減少傾向にありますが、
機密情報が漏洩してしまうと企業に民事・刑事の面で取り返しのつかないことになってしまいます。
企業としての信頼を失い、お客様が減ってしまったり、

 

多額の賠償金を支払ったりと企業にとって大ダメージになってしまいます。

 
3、情報漏えいの可能性

 

情報漏えいの原因は人的ミスや機密情報の意識が低さからおこってします管理ミスなどが挙げられます。
たとえば機密情報の資料の紛失、置き忘れや盗難などで情報漏えいするケースも少なくありません。
他にも「引越し後に個人情報の行方がわからなくなった」や

 

「個人情報の受け渡し確認が不十分で、受け取ったはずの個人情報が紛失した」
等あります。
ほんの少しの不注意で機密情報の漏えいは起きてしまいます。

 

少しでも可能性を下げられるような行動をしていきましょう。

 

 

4、まとめ

 

説明させて頂いたように企業にとって、
機密文書の取り扱いによって情報漏洩の危険性があるので、
機密文書の管理は本当に重要です。

 

弊社では、機密文書を安全に、楽に、捨てて頂ける溶解処理サービスや

 

安全に社外に書類を保管できる書類倉庫サービスを行っているので、

 

機密文書の処分・管理にお困りの方は、ぜひご相談ください!
お問い合せ→0120-322-881

URL→http://bun-eidou.co.jp/work/office/