トップページ > サービスニュース > 【溶解処理と廃棄の違い】

サービスニュース

サービスニュース

【溶解処理と廃棄の違い】

今回、お客様からご質問される「溶解処理と廃棄の違いって違いはあるの?」についてご説明させて頂きます!

 

 

簡単にご説明させて頂きますと

 

 

処理を専門会社に委託するということは共通してますが、

 

実は処理方法や処理した後などは大きく違います。
〇廃棄〇

 

・処理を担当しているのは廃棄会社。

 

・廃棄証明書が発行される。

 

・機密書類以外にも物を廃棄できる。

 

・基本的に処理方法は燃やすため、リサイクルできない。
〇溶解処理〇

 

・処理を担当しているのは溶解処理工場。

 

・溶解証明書が発行される。

 

・機密書類など紙のみを処理している。

 

・紙を溶解して資源や原料としてリサイクルできる。

 

 

 

大きな違いは

 

①処理方法が溶解処理だと溶かし、廃棄だと燃やすこと

 

溶解処理は紙をリサイクルでき、廃棄ではリサイクルできないこと

 

 

ちなみに溶解工場でリサイクル後はトイレットペーパーになります。

 

 

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2

 

また、他にも山崎文栄堂では

 

・ISO所得している協力会社や溶解工場で回収や処理を行っていること

 

 

・機密書類のみの運送

 

 

等の形態で溶解処理サービスを行っています。

 

ぜひ、書類の処理方法で悩んでる方いましたら、

 

お気軽にご連絡下さい。
お問い合せ→0120-322-881
URL→http://bun-eidou.co.jp/work/office/