トップページ > サービスニュース > 【溶解ダンボールで環境貢献!】

サービスニュース

サービスニュース

【溶解ダンボールで環境貢献!】

今回、溶解処理サービスでどれぐらい環境に貢献できるか、ご紹介させて頂きます!

 

そもそもシュレッダーだと紙はどれくらい処分されているの?
9869395_3L1
ほとんどの企業が取り入れているシュレッダーは
その場で機密文書を裁断してくれるとても便利なオフィスアイテムです。

 

シュレッダーを利用している会社はゴミ袋を設置し、ごみ袋が溜まったら
新しい袋に取り替える、という作業をしていると思います。

 

一般的な大きさである45Lサイズのシュレッダーを利用したとして
ゴミ袋1袋でどれぐらい紙の量が入るかというと…

 

実は書類約500枚程度になります!

 

もし毎日袋替えされている場合、1日に500枚、紙を捨てているという計算になります。

 

溶解処理サービスって具体的にどうやって処分しているの?

 

溶解処理サービスでは、シュレッダーのように廃棄をせず、
名前の通り、書類を溶かして処理をしています。

 

お預かりしたお客様の書類を溶解工場に持っていき、
溶解窯で溶かします。

 

DSC_0470

さて、溶解処理からどう環境貢献に繋がるのかを説明します。
実は溶解処理されたものは、紙の原料になります。

 

そして、紙の原料を専用の製紙工場に持っていくと、
リサイクルされ、トイレットペーパーになります!
f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2

そして、機密文書が入ったゴミ袋1袋分(約500枚)を溶解処理すると、
なんと12ロール程度のトイレットペーパーが作れます!

 

このように溶解処理はお預かりした機密文書を溶かして処理し、環境貢献に繋がっています!
溶解処理についてご不明点がございましたらお気軽にご連絡下さい

 

お問い合せ:0120-322-881
URL:http://bun-eidou.co.jp/work/office/