トップページ > サービス一覧 > 溶解処理事業 > セキュリティ対策

溶解処理事業

セキュリティ対策

機密文書処理BOX「エコポイット」

■回収スタッフ

身分証明書を携帯した専門の回収員が作業を行います。

■回収から溶解工場までの流れ

回収BOXには、逆流防止ストッパーが内側についています。窓から手を入れても、逆さにしても文書を取り出すことはできません。回収BOXから取り出した回収袋には、しっかりと封をします。回収した袋は、トラックに載せ、24時間以内に溶解処理工場に直接向かいます。

  • 身分証明書を携帯した専門の回収員が作業を行います。
    身分証明書を携帯した専門の回収員が作業を行います。

  • 弁があるため投入口から書類を取り出す事はできません。
    弁があるため投入口から書類を取り出す事はできません。

  • 取り出した回収袋は結束バンドでしっかりと封をします。
    取り出した回収袋は結束バンドでしっかりと封をします。

  • 24時間以内に溶解処理工場に直接向かいます。
    24時間以内に溶解処理工場に直接向かいます。

段ボール回収システム

■回収から処理までの流れ

専用回収車での回収、未開封のまま溶解処理致します。

■溶解処理について

業界初の情報セキュリティーマネジメントシステムISO27001(ISMS)の認証を取得し、彩の国経営革新モデル企業である鶴見製紙株式会社、三栄レギュレーター株式会社と提携しました。 お手持ちのダンボールに回収したコピー用紙や機密書類を、箱を開けずに溶解処理し、古紙トイレットペーパーへリサイクルするシステムです。
古紙1トンから20本の立木(直径14cm)を守ることになります。処理後は溶解証明書を発行いたします。

リサイクル

■機密文書溶解処理動画紹介

この工程を挟むことで不要書類が、原料の形へと近づきます。
リサイクルの準備として、欠かせない行程です。

■リサイクルの流れ

オフィスの重要書類を、焼却せず100%リサイクル致します。
紙繊維を取り出し、紙製品に。不純物はサーマルリサイクルをして、電力・セメント・製鉄原料に。

リサイクルイメージ

■溶解証明書

安全確実に処理工場へ持ち込み、最終処理後に機密情報が漏れることなくリサイクル及び溶解された証明の「溶解証明書」を発行します。