history

山崎文栄堂の歴史
history

started from here

  • history image
  • history image

創業者 山崎健三が、風呂敷包みを背負って紙文具の行商を始めたのは1920年。1925年には、時代の先端を走り続ける渋谷に「紙と文具の山崎文栄堂」を構えました。

  • history image
  • history image

Second president

history image

お客様の相談ごとに親身によりそい、町の行事にも熱心に参加するなど、地域への貢献を第一に考えていた創業者、そして二代目社長のもと、店は賑わっていきました。

history image

Sales decrease

history image

しかし、時代の変化に対応できずに売上は年々減少。4年連続赤字を計上し、1994年にはあと2時間で倒産という事態に追い込まれました。

history image

Askul start

  • history image
  • history image

藁にもすがる思いでアスクル事業に飛び込み、おかげさまで全国のお客様とつながりができました。 しかし、「会社を潰してはいけない」。ライバルに勝てば報われる、幸せになれるはずだと信じ、競争経営にのめり込んでいったのです。
誰よりもがむしゃらに働き、渋谷中を走り回っての飛び込み営業。社員とともに、常に数字に追われる毎日でした。その結果、20年間で売上は1億円から53億円、顧客数は50社から32,000社に増えました。
しかし、社内で幸せそうに笑っている人は一人もいませんでした。競争経営に勝利した結果、社内の雰囲気は最悪。離職率は一時80%にも上ったのです。

  • history image
  • history image

Changing times

history image

頑張ってきたのに、誰も幸せになれていない……困り果てたときに、人生を変える学びと出会い、私たちは気づきました。
人に寄り添う親切さと、直感力を信じて挑戦する両輪が、変化する時代に必要だということを。

history image

our vision

history image

それからは、「幸せを創り拡げる」というビジョンを掲げ、お客様の相談事に寄り添い、お役立ちに力を尽くしました。
「町の文具店」としてお客様によりそっていたあの日の光景が、再びよみがえったようでした。

history image

Energize Japan

history image

気付けば、お客様からいただく「ありがとう!」が増え続け、ご紹介やお問い合わせでお取引させていただくお客様が増えています。
「また会いたい」「一緒に仕事をしたい」と社員一人ひとりがご指名いただけるようになり、売上第一の営業会社から、お役立ちをするワンチームへ進化できたのです。
これからも、お客様に丁寧に寄り添い、お役に立つために行動します。そして、お客様を元気に、日本を元気にします。

history image

メディア掲載
publication

テレビ出演

2021年3月~5月
世界220以上の国やエリアで放送され、4億人以上の視聴者を持つ歴史総合エンタテイメントの専門チャンネルThe History Channel(ヒストリーチャンネル)のドキュメンタリー番組HERO'S 「奇跡を起こす経営者たち」激動の365日のドキュメントに出演しました。

書籍・新聞

\\ こちらの書籍にも掲載されました! //

日経トップリーダー 2015年10月号
日経トップリーダー 2015年8月号
日経トップリーダー 2012年7月号
DECIDE 2012年5月号
日経情報ストラテジー2010年4月号
インフォレスト社出版「マネる 学ぶ 仕事術」2009年8月31日発刊
フジサンケイビジネスアイ 2008年12月号
日経ベンチャーリンク 2008年8月号
日経ベンチャー 2008年1月号
日経コンピューター 2007年9月号

本イラスト

受賞・認定歴

受賞・認定歴
award

事業紹介はこちらから