2020.10.01 山崎文栄堂

アスクル 働き方改革は勤怠管理から始めよう

アスクルサービスの中には、
勤怠管理システム「Touch On Time」というサービスをご用意しています。

在宅勤務、リモートワークでの働き方が徐々に浸透し、
課題として「勤怠管理」の見直しをされている企業様も多くいらっしゃいます。

 

この「Touch On Time」のポイントは3つ

 

①どこからでも打刻可能

社内に出社した時に、専用端末機「Touch On Timeレコーダー」にICカードをかざして打刻。
出社時や、在宅時など、パソコンを開いた時に、Webブラウザから打刻。
現場やお客様先への直行・直帰の時に、携帯、スマートフォンから打刻。

 

どのような場面でも打刻をすることができます。

 

②多様な機能

タイムレコーダーの、指紋認証機能を活用して、セキュリティを高めることができたり、
支店、営業所などの勤怠状況もリアルタイムに一括管理ができ、データ集計が楽になったり。
お客様のご要望に合わせた対応が可能です。

 

③アスクルと請求をまとめられる

アスクルの締め日にあわせて、月額のご利用額が発生し、
アスクルの備品発注費と合算されたご請求金額が提示されます。
支払い先を1本にまとめられるので、新しい取引先との契約などといった、初回の手間が省けます。

 

 

費用(2020年9月末時点)は
Webブラウザ(インターネット)打刻のみなら、
利用者1人あたり、月額280円(税抜)でご利用開始いただけます。
※専用端末機「Touch On Timeレコーダー」を導入する場合は、別途費用がかかります。

 

詳細は、こちらのサイトからご覧ください。
https://www.askul.co.jp/f/services/kintai/touchontime/price.html#head

 

 

勤怠管理の見直しを検討されている企業様は
アスクルの「Touch On Time」も是非ご検討ください。
ご不明点などございましたら、山崎文栄堂までご連絡ください。

 

山崎文栄堂へのお問い合わせ:0120-322-881