2019.11.25 山崎文栄堂

【freee】経理の働き方改革

弊社では4万社を超えるお客様とお取引をさせて頂いております。
その為毎月月末月初に集中して入金チェックの業務が発生しています。

 

今までは基幹システムでその都度改良しながら作業をしていましたが、
嬉しいことにお客様数が増えると処理が追い付かなくなっていました。
その為、経験がある人に頼る=その人でしが出来ない作業になっていました。

 

 

そこで導入をしたのはfreeeです。

freeeとは
クラウド版会計送付とです。

銀行口座やクレジットカード、レジなどのさまざまなサービスとの連携も可能で、
データ入力の手間を削減できるほか、売掛・買掛管理や見積/請求書の発行も行うことができるので、
自社に合わせた様々な運用方法が可能です。

 

導入してのメリット

・自動取込機能
freeeにデータを入力した時点で
金額と勘定科目が自動で入力されます。
自分で入力する手間が削減され、入力ミスもなくなります。

・予測機能
請求データにも入金データにもマスターとなるお客様コードを
つけることで自動推測機能が働き、処理がスムーズになります。
請求金額、手数料を加味した自動推測なので誤差が出ていても
正常な誤差なのかまで判断してくれます。

・小口精算
レシートを撮影するだけで日付と金額が自動で反映されます。
申請が上がった情報を承認すると自動で全銀データ作成できるので
振込処理が簡単にできます。

 

今後について

・リモートワークでの実施
・銀行データ連携による自動処理

 

freeeを導入することで場所や時間の制限がなくなり
より経理が働きやすい環境づくりに繋がっています。

 

 

もしご興味がございましたら

こちらの【お問い合わせフォーム】からごご相談ください。

もしくは、tel:0120-322-881

『ホームページの電話業務の記事みました!』と、お問い合わせください!