2020.01.26 山崎文栄堂

【RPA(EzAvater)】知識ゼロからRPAの導入をしました。

皆さんは、「RPA」という言葉を聞いたことはありますか?
最近、業務効率化でよく耳にするようになった方も多いのではないでしょうか。

 

RPA=Robotic Process Automation (ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、
ざっくりいうとロボットにパソコン・WEB上で行う定型業務を覚えさせて、
24時間いつでも稼働させることができるツールです。

 

当社のRPAの導入目的として業務・時間削減という点と、
社員は限られた時間の中で、人でしかできない、お客様との面談だったり、
情報発信、教育、講演活動などお役立ち活動に時間の使い方をシフトしていく目的で導入しました。
 
 
RPAはロボットなので勤務時間はなく夜中でも早朝でも日中でも
ロボットで動かすことができます。
 
例えば社員が仕事を終えて家に帰った後に、
RPAでお客様情報を基幹システムへの登録をしたり
自社サービスの受注処理業務をしたり、
出退勤の打刻漏れのアナウンスをチャットワークで告知したりなど、
やってくれるので社員は限られた時間の中で人でしかできないお客様との面談だったり、
情報発信、教育、講演活動などお役立ち活動への時間を大幅に使えるようになっています。

 

 

RPAと聴くとよくお客様から声として聴くのが、

「話を聞くとなんか難しそう」
「シナリオを作るのに時間がすごくかかりそう」

こんなマイナスなイメージを持っている人もいるかと思います。

 

ただロボットのシナリオを作ると言っても、技術・専門知識がなくても作れちゃいます。

 

山崎文栄堂では、EzAvaterというRPAツールを使って
2019年7月から本格運用をして、
4か月後の現在では、月間約30時間分のお仕事をロボットに任せています。

 

当社ではRPAの知識0・システム素人な社員が
RPA導入担当者でも社内に浸透することができました。

 

■実は1回、RPAの導入を失敗しました!

今回、デモ運用から本導入まで約3か月くらいをかけて進めていきました。
しかし、実はその前に導入に失敗をしたという経験がありました。

その時に失敗した原因は2つ。

 

一つは、RPAの担当者しか動いていなかったということ

まずは担当者が理解しようと動き出していましたが、
確認事項・不明点が多すぎて、一人で抱え込んでしまい、結局、半年以上かけて出来上がったロボットは2つくらいでした。

 

二つ目は、ソフト自体が、クラウド操作しかできないもので、RPAで実施する仕事の幅が狭くなってしまったということ

RPAソフトによって、出来ること・強みが異なってきます。
出来ることが限られてくるソフトだと、狭い範囲の中でしか仕事を任せることが出来ません。
どんな仕事をロボットに任せたいか、事前に書き出しておくことも大事なポイントです。

 

 

■わたしたちが使っているRPAツール

わたしたちは、プログラミングの経験値0の素人でもロボットが作れる
をポイントにソフト選びをしました。

 

そして今本導入して使っているソフトは
テリロジーさんが出している、EzAvater(イージーアバター)です。
https://www.terilogy.com/ezavater/index.html

 

このRPAツールの特徴は一言でいうと

「誰でも」「簡単に」

定型業務自動化の設定ができることです。

 

画面認識でロボットの操作ステップが作れるので、
難しいプログラミングや文字入力をしなくていいのが嬉しいポイントです!

 

私たちのロボット作成事例をいくつかあげてみます。
・請求書の送付状印刷
・チャットワークでの定期的な社員に向けての告知(小口精算や勤怠締めの呼びかけなど)
・毎日の入金データダウンロード
・受注処理
・お客様情報を基幹システムへ入力

 

 

■初めて導入する方へおすすめしたいこと

ロボットがお仕事をやってくれるだなんて夢のようなこと。
あれもこれもやってほしいと、願望がどんどん膨らみますが、
まずは簡単なロボットから作って、RPAに慣れることをおすすめします。

 

わたしたちは、人がやっても5分くらいで完成するような簡単な仕事から、ロボットを作り始めました。
工程でいうと、10以内の工程で終わるようなロボット作成です。

 

何がよかったかというと、
・ロボットを作れた!という実績ができる(自信につながる!)
・システムに強くなくても、簡単な工程は誰でもつくれる

 

わたしたちは、社員のみんなが
まずはRPAに慣れる・使えるを目指していきました。

 

 

■最後に

ご覧になられている企業様で「RPAがどう活用できそうか知りたい」という方がいらっしゃいましたら
当社で無料トライアルのご案内ができますので概要欄からお問い合わせください。
また導入までのサポートや、RPAの活用サポートなども当社山崎文栄堂でお手伝いをさせていただきます。
 
 

ご興味がございましたら
こちらの【お問い合わせフォーム】からごご相談ください。

もしくは、tel:0120-322-881

『ホームページの電話業務の記事みました!』と、お問い合わせください!