2020.01.30 山崎文栄堂

オフィスを元気にする秘訣!『捨てリング』から始まるオフィスづくりについて

これは私が山崎文栄堂に入社した当初に感じていた感覚で
なんとなく、「やることがいっぱい」

「よし!今日も元気でやろう!」と入る直前まで思っていても、
書類やものに溢れていたオフィスに入る度に、気持ちが重く、
沈む感覚があったことを今でも覚えています。

 

写真は約20年前の山崎文栄堂オフィスです。

 

 

皆さんは、毎朝行くオフィスは、どのように目に映っていますか?

 

今振り返ると、オフィスが風景化してきて、モノが多い、書類が多いということにすら、
当時は気がついていなかった状態でした。

ただ、「あの書類がないなー」と膝の上に書類を乗せて
一枚ずつ確認することを何度も繰り返していたことは、色濃く覚えています。

 

置いてあるモノが多いと、大事なモノが見えなくなってしまうのです。

 

モノや書類が床にも置いてあったり、机にも、棚にもびっしり。
今思うと、ごまかせてしまう環境を作っていたんだなと思います。

 

そんな日々を変えてくれたのは、社長の山崎さん。
「やっぱりこの仕事の仕方はおかしい。オフィスを変えよう。」
そこからオフィス環境の改革が始まりました。

 

オフィスを変えることで一番最初に取り組んだことは、
「まずは、整理!社内のモノ・書類を徹底機的に捨てよう」です。

 

そこから、2トントラック7台分のモノや書類を
半年間をかけて捨てて、会社が生まれ変わりました。

 

モノや書類を1つ1つ手放す中で、見つめたことは、
・この1年、手・目に触れていない保管義務のないモノ・書類はとにかく捨てよう
・『通りにくいな』と思っていた壁も外してしまおう
・モノをしまい込んでいたサイドキャビネットも無くしてみよう

 

20人弱の社内でも、社員同士、仕事の会話しかしてこなかったのですが、
1つ1つ「これいる?」「これから使うかな?」と仕事以外で話し合うきっかけにもなりました。

 

当初、みんなが目指していたのは、
「オフィスをスッキリさせることをきっかけに、会社を良くしていこう!」だったので、
捨てることを通じて、会社を良くしていくことを話すきっかけになりました。

 

本当に見違えるように変化したオフィスは、一言でいうと

 

「すっからかん」

 

一度生まれ変わった感じがしました。

 

 

スッキリさせてから1年経ってわかったことは
・自分たちの身の回りにあるものがわかっている
・今まで見えていなかったものが気になってきた
・なんとなく空気の通りがいい!

 

結果的に、オフィスが明るくなり、モノや書類を捨てて、
「みんなが元気になった」というのが成果でした。

 

因果関係はあるかどうかわかりませんが、

・遅刻が減った
・風邪で休む人もなくなった
・ものを探す時間がほとんどなくなった
・捨てる体験をしたので、捨てるクセがついてきた(継続性)
といったことも、変化として感じるようになったことです。

 

この一連の取り組みで実感したことは
「捨てる」から始めるオフィス改善が
「オフィスを元気に、そのオフィスに働く人たちを元気にする」ことに繋がっているということ。

 

そこで、私たちは、「捨てリング」と名付けて、
同じように、オフィスを変えていきたいという方へ
私たちが社外幹部の役割で一緒に携らせていただく、取り組みをしています。

 

 

 

名前の由来は・・・

「捨てる」をオフィスのみんなで、進めていくということで
「捨てる」と進行形の「ing」を併せた造語です。
社内で合言葉のように「捨てリングしよう」となると、
モノや書類を一度見つめ直して、「捨てる」行動に移すことがシンプルに決まってきます。

 

実際に、お客様から頂く声として、オフィスを変えていきたいという一方で、
「どこから手を付けたらいいかわからない」
「ちゃんと捨てられるかな」など
いろいろな気持ちをかかえていらっしゃることを知りました。

 

「やっても、どうせまた元に戻ってしまうのではないか」というのが
一番多い疑問であり、葛藤です。

 

みんなで捨てる体験をすることで
各々の捨てる基準がチームの基準になっていくことができたら、
その先は格段にスッキリが進みます!

 

 

 

いっきに捨てた次は、
定期的にオフィスを見回して、
モノや書類に向き合う時間を短くても持っていきましょう。
そして少しずつ仕組みにしていきます。

 

それでもなかなか解決しない課題が見えてきたときに、私たちにご相談ください。

1つ1つを一緒にひも解いていきます。

 

私たちは、
動いていなかったオフィスのモノや書類といった物理的なものを動かすことで、
社内に変化が訪れ、オフィスの「空気」が変わり、環境が変わり、そして、仕事の仕方が変わり、
一緒に働く仲間を思いやる人へと良い連鎖を起こすことができました。

 

活気あるオフィスにしたい!
スッキリしたみんなが働きやすいオフィスにしたい!
そんなことを思われたら、「捨てリング」から会社づくりを始めてみませんか?