2020.01.25 山崎文栄堂

モノが商品の時代から、情報が商品になる時代へ

山崎文栄堂専務取締役の若狹謙治です。

現在は山崎文栄堂の役員と同時にヒーローズクラブ事務局長の役割をしています。

 

令和2年が幕を開け、時代の変化の速さに驚かされます。

 

私は自分がお客様を探すのか、お客様に自分を見つけてもらうのか。

 

商品を販売するという行為は変わりませんがこの2つの違いは大きいと感じます。

 

 

 

私は山崎文栄堂に中途入社しましたが、

社会人になってからずっと、「必死にお客様を探す」時代を体験してきました。

当時はお客様開拓のために膨大な広告費をかけ、早朝夜間に準備をし、

成約率から逆算して営業時間中は片っ端から飛び込み訪問。
一日中走り回り、お願い営業の毎日でした。

 

 

一生懸命努力してきたことは事実です。

 

しかし、努力の方向性が「取引開始」だったんです。

 

どんな事業をされているお客様なのか、どんな志をもった経営者なのか、、、。

そんなことを気にかける余裕すらありませんでした。

 

蓋を開けてみれば

 取引が1回だけで終わってしまう

 不良債権になってしまう

 価格交渉になってしまう

 

そんなこともたくさんありました。

 

 

しかし今、私たちは広告投資をしていません。

飛込訪問、価格比較戦略もしていません。

 

 

私たちがたくさんのエネルギーを注いでいるのは情報発信です。

 

 

  会社のビジョンとは何か?

 

  どんな志で仕事をしているのか?

 

  オフィス・社員はどんな雰囲気なのか?

 

お客様に知っていただきたい会社の魅力、社員の魅力を情報発信することを一生懸命取り組んでいます。

気がついたらいつの間にか「お客様に自分を見つけてもらう」営業に変わっていました。

 

 

お客様を必死で探していた時代から比べてみると、、、

   ・投資をするのは・・・
   広告費ではなく魅力的な社員に育てるための教育費

 

   ・お付き合いが始まるのは・・・
   価格重視ではなく私たちのビジョンに共感してくださるお客様

 

 

   ・営業活動は・・・
   お客様をゼロから無理やり探すことではなく、お客様のお役立ちにエネルギーを注ぐことに。

 

 

 

 

モノが商品の時代から情報が商品になる時代ですね。

魅力的な情報発信でお客様に見つけてもらう努力をすることが大切だと気づきました。

 

 

 

HERO’S CLUBは考え方をシフトすることで「人生と仕事の繁栄」を実現できることを広めていく社会貢献活動を行なっています。

その活動の一環として全国各地で講演会・勉強会を開催しています。HERO’S CLUBの志に共感してくださる皆様、ぜひ私たちの活動にご参加ください。

人生と仕事の繁栄を実現する冒険の旅を沢山の皆様とご一緒させて頂くことを、楽しみにお待ちしています。

ヒーローズクラブ公式HP:https://heroes.world-u.com/