2019.12.25 山崎文栄堂

みんなの笑顔と感謝に溢れた「忘年会」

今年も1年を締めくくる、大事な社内イベントが開催されました。
令和最初の「忘年会」です!

 

山崎文栄堂の忘年会は全員参加です。
テレビを見ていると、忘年会は参加したい人だけ参加という会社もあるようですが
お互いに、1年一緒に頑張ってくれてありがとう、という気持ちを伝えられる機会だと思うので
全員参加で盛り上がる忘年会が、私は大好きです。

 

私は今年、幹事を務めることになりました。
当日まで、みなさんに喜んでもらいたいという思いで
プチギフトを準備してみたり、ビンゴの景品を買いにいったり。
あとは、サプライズも考えてみたり!(サプライズになったかどうかは分かりませんが・・・)

 

みんなが笑顔になって帰っていくのをイメージして
ワクワクした気持ちで準備していました。

 

イラストの得意な後輩には、忘年会のポスターになるイラストを描いてもらいました。

 

 

温かみもあって、可愛さもあって、今回の私の忘年会のイメージにピッタリの絵でした!
当日は大きなスクリーンにも映してみたのですが
後輩が「私が描いたもの、やっぱりかわいい!嬉しい!」と喜んでくれていました。

 

 

忘年会で全体を見回した時
山崎さんが1人1人と話して、1年の感謝を伝えられている姿を見て、
社長から「ありがとう」と直接言ってもらえるのは社員としてとても嬉しいことですし、

同じ目線で話を聞いてくれる山崎さんと「一緒に」来年もチャレンジしていきたい、と思える、

1人1人がつながっているような雰囲気に見えました。

 

また、みなさんがたくさん笑ったり、美味しい食事に喜んでいたり、
幸せな時間を共有できている感覚もありました。
この空間をつくりだす、1人1人のエネルギーを
これからもっともっと大きくしていくために、私もたくさん貢献していこう、と思いました!

(忘年会の様子は、YouTubeをご覧ください↓↓)


 

 

終わった後もみなさんが「楽しかったよ、幹事ありがとう」と声をかけてくれて、
素敵な会社だなと、自分の会社を改めて誇らしく思いました。

 

来年の忘年会は、またどんな感謝が生まれているか、これからが楽しみです。

 

(文章:石田由季)