2019.06.24 山崎文栄堂

【働くママ社員インタビュー】「人の役に立つ幸せを感じながら、家庭でも職場でも輝くママでありたい」【櫻井 友子】

山崎文栄堂の女性社員は11名です。そのうち3名はママ社員です。
2名は現在育児休業取得中でママ業に専念中。
そして入社10年目の海村さんは育休業取得後、復帰して働くママ社員です。
2 児の子育てをしながら毎日忙しく過ごすも、丁寧な仕事をする海村さんへの評価は
社内外問わずとても高く、山崎文栄堂にとってなくてはならない存在です。

そんな活躍するママ社員の海村さんにインタビューし、日々どのような思いで仕事をしているのか聞いてみました!

=====プロフィール========================================
アスクル事業部 営業サポート課 海村真央
2009年4月に営業として新卒で入社。
2015年1月に第1子を出産、山崎文栄堂初の時短社員として復帰
2017年9月に第2子を出産のため2回目の育児休業後、2018年9月に再度復帰

現在営業サポート課で、大手のお客様の購買のサポートと同時に、
チームメンバーのマネジメントや指導係として活躍中
=======================================================

ーーライフステージの変化で、働き方について迷うことはありませんでしたか?

入社して2年目くらいまでは失敗の連続で迷惑をかけることばかりだったので、将来的に結婚を機会に仕事を辞めようかなぁ、と頭を過ったことが正直あります・・・(笑)
もしそのタイミングで結婚が決まっていたら結婚を理由に仕事を辞めて、逃げていたかもしれないです。

でも、3年目くらいから大きなお客様をたくさん任せていただいて、大事なお客様を任せていただいたことの嬉しさと、お客様から名前で呼んでもらえたり頼っていただいて 、困ったときに連絡をいただいたけるようになってから、『誰かの役に立つことの喜び』を実感したんです。

そのころから仕事もたのしくなって、人の役に立つ仕事をこれからも続けたいなと思うようになりました。

なので、もちろん不安もありましたが結婚しても出産をしても、仕事を続けたいと思うようになったんです。

ーー復帰前はどんな心境でしたか?

1人目の子供の入園が決まって初めて復帰をする時は、いざ保育園が決まって復職日が近づくとやはり不安が出てきました。

「子供と離れて大丈夫かな?」とか

「仕事をしながら家のことができるかな?」とか

「1年以上会社にいなかった私は、社内やお客様の変化に対して大丈夫かな?」とか、、、

ーー 実際に復帰してみてどうでしたか?

実際、復帰して最初2~3日くらは浦島太郎状態でした・・・(笑)
でも、復帰前にも会社に何度か顔を出してみんなの顔を見ていましたし、
周りも自然に声をかけてくれたのですごくうれしかったのと、何より安心しました。

働き方については「定期的に在宅ワークをしたらどうか」と提案をしていただいてありがたかったです。

通勤時間がない分、家のことができましたし、何よりも気持ちに余裕が生まれました。
例えば子供が思うように食事を終えることができなかったり、自分が考えるようにスケジュールがすすまないことがあって。

でも、在宅であればまず通勤時間がない分時間に余裕が出ますし、とにかく自分が落ち着く心の余裕ができるのがありがたかったです。

ーー仕事をしていて「たのしい!」と思うのはどんな時ですか?

育児や家事は目に見えるような成果が分かりにくくて、達成感を感じにくいんです。

でも仕事は役割があって、目標があって、チームで協力して取り組んで。

成し遂げた時に「たのしい!仕事をしていてよかった!」と思います。

特に山崎文栄堂はチームでお仕事をすることが多くて、自分が大変な時は助けてもらいますし、逆に困っているときは助けたいなと思いますし、

1人で仕事をするのではなく周りの方とつながって、人との関わりの中で取り組むのはやっぱり楽しいですね

ーーこれからどんな働くママでありたいですか?

よく「仕事と育児の両立は大変だね」と気にかけていただくことがあります。

もちろん実際大変なこともありますが、私にとっては仕事をすることで自分のバランスを保っている、という感覚があるんです。

お客様でも社内でも、自分を必要してくださって、困ったときに思い出してくださること、

頼って私宛に連絡をいただけること、

お役に立って「ありがとう!」と言っていただけること、

一つ一つがとても大きな喜びです。

そんな人の役に立つ幸せを感じながら、家庭でも職場でも輝くママでありたいですね!