2019.06.30 山崎文栄堂

お片付けをとおして、チームをつくる!【清家美奈】

チームのつくり方は、さまざま。
一緒にBBQしたり、スポーツをしたり。

その中で、私たちがおこなっているチームづくりは、
『お片付け』をとおしたチームづくり。

はじめは山崎文栄堂の社内でスタートしましたが、
今では、お客様のオフィスにも伺って、お客様の社員の方と
一緒にお片付けをとおした、チームづくりを行っています。

お片付け?チームづくり?どういうことをするの?

お片付けとはつまり、整理・整頓・清掃のこと。
では、どんなことをするのか。

1つの事例をご紹介しますと、
部署の全員で、もしくは社員全員で、
自分たちのデスク周りの整理整頓を一緒に、一斉に行います。

一斉に仕事の手を止めて、
机の中の引き出しを空にするように、中身を全部外に出して、

・要る
・要らない
と、分けていく。

分けていく中で、
・そういえば、なんとなーく、ずーっとしまい込んでいた書類。

・前の担当者から引き継いで、持ったままの書類。

・もらって机にしまってあった、年賀状や名刺

・とりあえず持っていてと言われた資料

この先どう保管していったらいいかわからない書類やものが出てきます。

机の中から物を出すときが、一番盛り上がります。
「〇〇さん、こんなの持っていたの!」と、ワイワイしながら、出していきます。

机の中から出てくるものあるある!で多いのが、
おやつ、小銭・・・賞味期限を見てみると・・・半年前に切れていた、なんてことも。

机の中を全部出して、要る・要らないの分類を通して
今まで、意識を向けていなかったモノや書類に
はじめて意識を向けていきます。

そして自分では、捨てていいのかどうか、迷うものが出てくるので、
部署や周りの人たちに声をかけて相談が始まります。

特に同じ内容のお仕事を複数人がされている部署の場合、
書類の扱い方が、
個人ごとの感覚でなんとなく保管してあったりします。

この、お片付けをとおして、
書類の取り扱いどうしているか、意見交換がはじまり、
『コピーは捨てて、原本をこの場所に保管していこう』と決めてみたり、
常に入ってくる書類については、一時的に置く場所を決めて、最後はいつに捨てるなど、
その部署の書類の取り扱いルールが作られていきます。

こうして、自分たちの身の回り、机周りをお片付けし、
気持ちよく一緒にお仕事をスタートすることができます。

このお片付けを個人の机周りだけでなくて、
その部署の書棚にひろげて整理整頓をチームメンバーと一緒に進めていくと、
もっともっと、部署内での意見交換が深まり、助け合ったりして、
最終的には、みんなでルールを決めて、確認し合い、
運用するながれをつくっていけるのです。

自分たちの仕事場をチームでスッキリさせていく
これも1つのチームづくり、チームビルディング!なのです。