2019.08.30 山崎文栄堂

初めての溶解処理、自社にあったサービスは?

【企業情報】
・業種:IT関係
・地域:渋谷区
・従業員人数:40人

 

 

①どんなことに困っていたか?
従業員数人の会社から立ち上げたので、書類の量は多くなかったが、

従業員も増えてきて、取り扱う書類量も社員の数に比例して増えてきた。

 

 

創業当初からの小さいシュレッダーで機密文書の処理をしていたが、
処理をする書類の量も増えてきたので、袋がすぐいっぱいになって袋の交換を頻繁に行っている。
面倒なのが、袋の交換。

袋を交換しようと思って扉を開けるとシュレッダーした紙屑がぽろぽろと床に落ちてくる。

 

袋交換のたびに紙屑が落ちてくるので、掃除が非常にめんどくさい。
社員みんな面倒だと思っているのか、なかなか袋交換までやってくれなくて、
次使おうとしたときに袋交換の点滅がついている。

 

 

 

無理やり使おうとするのか、使い過ぎなのかも知れないがシュレッダーの歯の自体の巻き込みが悪く、
エラーも出てくる頻度が高くなり、非常に捨てにくい

 

 

 

バックオフィス系の書類は給与関係の書類もあるので、そのまま書類を置いておくこともできないが、
毎回毎回シュレッダーの袋交換や,床に落ちた紙屑を掃除するのは手間だし、めんどくさい。

 

ただ、書類量は増えてきたが、「鍵付きBOXを使うほどの書類量はないのではないか。
一杯になってないのに回収されたらもったいないのでは?」
と社内で声も上がっており、どういうサービスが良いのかわからない。

 

 

 

②こうやって解決しました

エコポイットのお試し設置をご利用いただき、1か月後のお試し終了時にエコポイットにたまっている書類の量を確認して、

エコポイットよりも処理量が少ないが、回収期限の長い、Dポイットプラスを導入いただきました。

エコポイットとDポイットプラスの違いについてはこちら

 

 

 

③お客様から頂いた声

「エコポイットすごい楽でした!!ポストに投函するだけで処理が完了するので、簡単にすぐ捨てられるので、

社内でも評判良かったです。」

 

「今回1か月間のトライアルをしてみて社内の書類廃棄の量が見れたのもよかったです。
試した後で、自社の処理量に合わせたサービスに切り替えられたので、無駄なく処理ができそうで助かりました」

 

 

「今まで気付いた人や、シュレッダーにかけたい人が袋交換をしていて、不満の声が社内に上がっていましたが、
今回導入して不満の声がなくなったのは管理部としても働き方改善が進められました」

 

終わりに
初めて溶解処理の導入を検討いただくお客様は、
・自社の書類廃棄量がわからない、
・実際に溶解サービスを導入する際、どういったプランが自社に合っているのかわからない
といった声を良くいただきます。

 

 

自社の書類の廃棄量を把握するためにも山崎文栄堂では

1か月間無料お試し設置をご案内しております。

 

 

 

1か月間のお試し後に処理量を伺いながら、お客様に合ったサービスプランをご案内しております。

 

 

ご興味ありましたらぜひ一度弊社までご相談ください。
TEL:0120-322-881

 

 

 

溶解処理サービスについてのご相談は
山崎文栄堂までお問合せください。
https://bun-eidou.co.jp/eco_box/