OFFICE SUPPORT
BUSINESS
オフィス環境
サポート事業
整理整頓のエキスパートが書類や物の
整理整頓をはじめ、 オフィス空間づくり、
ルール作りまで一緒に考え、カタチに
していく。効率化による大幅な
時間短縮も実現します。

お客様満足度90%
提案満足度99.8%

ユーザー
メッセージ

社員だけでは、整理整頓ここまで進まない。一緒に取り組んでもらってよかった!
整理整頓をつづけることが、社内のチームビルディングにつながっている!
オフィスリニューアルする上で、まず環境をすっきりさせたら新しいイメージが生まれた。
オフィスがスッキリするだけで、こんなに元気になるとは思わなかった。

オフィスのパワースポット化!

自分たちがやりたいことにフィットした
オフィスを作ろう!

山崎文栄堂ができること01

オフィスづくりは、
まずはオフィスの整理整頓から!

社員の方と、今のオフィスの中であふれる
書類や物を整理整頓して、スッキリを実現。
あたらしくオフィスをつくるうえで、まずごちゃごちゃした状態をスッキリと。
執務室に必要な書類やものの置く位置を決めて、みんなで運用しやすいカタチをつくる。

社内幹部のつもりで
社員の方と一緒に体を
動かし整理整頓します

整理整頓が継続する
ルールづくりを
一緒に作ります

決めたルールをみんなで
認識し、守っていく場を
作っていきます

フィールドデザインサポートプロジェクト

オフィスを良くしていきたいけど、なにから、どのように取り組めばよいのかわからないというお客様と一緒に『フィールドデザインサポートプロジェクト』として職場づくり、しくみづくりをサポートします。

山崎文栄堂ができること02

オフィスを仕事をする場から、
アイデアを生み出しカタチにする場へ

今までの見た目が綺麗なオフィスではなく、
自分たちの仕事にあった、会社の文化にあったオフィス空間の
あるべき姿を形にします。

山崎文栄堂のオフィスの整理整頓のやり方をご覧いただき、どんなオフィスにしたいかをイメージをつけていただく。

お客様と一緒にお客様のオフィスの整理整頓に取り組み、現場をスッキリさせていく。整理整頓を通じて、出てきた アイデアをカタチにしていく。

実際の社内運用ルールを設計し、社内全体へ共有。ルールを守って、気持ちの良いオフィスづくりを維持継続できる環境づくりをサポートします。

CASE

お客様への導入ケース

不明瞭だった過去の書類もスッキリ整理

株式会社アイム様

従業員 220名

介護福祉事業

「前任から引き継いだ書類を捨てていいのかどうか迷った。
書類もずっと保管しっぱなしで、この先どうなるか不明な書類が多かったが、1つ1つ紐解いて、書類の入り口と出口がはっきりできた。」

一緒にやることで一気に整理整頓できた

株式会社イマージョン様

従業員 20名

コンサルティング事業

「自分たちではなかなか整理整頓が進まなかったが、1日来てもらって大きく変わって(捨てて)スッキリした。やっぱり一緒に整理整頓してもらってよかった。」

書類整理したことで業務改善に一歩前進

株式会社スターツ様

従業員 60名

飲食業

「いままで何とか、わかる人がやっていたが、お店の数が増えてわかる特定の人が対応する形では、業務がうまく回らなくなってきたし、特定の人の仕事量が増えていく。お店でやってもらえることも全部が本社にきていて、
お店にも協力してもらってできるようにしていきたいが、どうやっていったらいいか。書類整理が進んだから業務改善したい。」

山崎文栄堂のフィールドデザインサポート

お客様のお仕事に最も大きな影響を与えるもの。それは、オフィスそのものの環境=『場』です。
『場』を整えることで、こころも落ち着き、コミュニケーションが生まれ、物事が動いていきます。

それぞれの会社で成し遂げたいミッションを、カタチにしていくためにも、まずは、場を整えていく。
特にまだまだ多くのオフィスに、多く存在する書類の整理整頓から始め、物も整えていき、
オフィスという『場』のエネルギーをあげていきます。

たった3つのことを実施するだけで、書類の山は宝の山に。

01 捨てる仕組みを用意する オフィスに不要な書類がたまるのは捨てれれない、書類の出口がないからです。 まずは気楽に捨てられる環境にしましょう。 ホチキス・クリップがついたそのままの書類も機密性の高い書類も当社のエコポイっとなら安心して捨てられます。 エコポットの詳細はこちら

02 流れる仕組みを確立する 書類の扱いに対する統一のルール作りをしましょう。 各社員に郵便やFAX用紙の受け渡しに活用する『メールボックス』設置すれば、 「渡した」「見ていない」等のトラブルも減らせます。 また、や縦置きの『仕掛(しかかり)ボックス』を使えば、 担当者が不在の時でも、担当の取り扱っていた書類をすぐに見つけ出すことができます。

03 探せる仕組みを作る BOXファイルやインデックスのついたクリアフォルダーにタイトルをつけて保存し、不要な書類は捨てましょう。 そうすれば、あっという間に必要な書類が見つかります。そして、書類の保管スペースは約半分になり、 スペースコストも安くなります。

この3つのことを実施すれば、
今まで、書類などを探していた時間が半分になります。

PROFESSIONAL

「ファイリングデザイナー検定※」の有資格者が、
スッキリ快適なオフィス空間づくりをしっかりサポート。
オフィスがエネルギー溢れる『場』になるようなお手伝いをさせていただきます。

お電話でも今すぐお申し込み承ります!

0120-322-881

[平日9時〜19時・土曜9時〜18時・定休日/日曜・祝日]

1分簡単お申込みフォーム

カタログのお届けは法人様のみとなります。個人の方はこちらへ


入力画面

確認画面

完了画面

  • ■必須の項目は必ず入力してください。
  • ■半角カタカナおよび半角カナ記号、HTMLタグはお使いになれませんのでご注意ください。
  • ■法人名 (貴法人名) には「株式会社」や「有限会社」、「学校法人」なども入力してください。
  • ■E-mailアドレスや電話番号など、半角を指定している項目は、半角英数字で入力してください。
会社名必須
例)株式会社山崎文栄堂
ご担当者名必須
例)山崎 登
郵便番号任意
例)150-0002
住所任意
例)東京都渋谷区渋谷4-5-5 ○○ビル○階
※沖縄・離島などの一部地域はサービスエリア対象外となりますのでご了承ください。
電話番号(半角英数)必須
例)03-5464-7110
メールアドレス(半角英数)必須
例)info@bun-eidou.co.jp
任意お問い合わせ内容
例)郵送後メールで連絡ください。
個人情報の取扱について必須
個人情報保護方針

  • 当社は、オフィス関連用品・機器の販売および機密文書の回収業務を遂行する中でお客様の個人情報がお客様にとって重要なものであり、また当社の経営においても重要な情報資産であることを十分に認識しております。このため、当社はお客様及び従業員の個人情報を保護するために全従業員が個人情報保護の重要性についての認識を明確に持ち、個人情報の取得から廃棄に至る情報のライフサイクルのすべての段階にわたって下記のことを実施いたします。
  • 当社は、個人情報の取扱いにおいて常に当社の事業の目的の達成のために必要な範囲内でのみ適切な個人情報の取得、利用、提供を行います。詳細は「個人情報の利用について」をご覧ください。
    当社は、個人情報保護マネジメントシステムを確立し、その遵守を役員を含めた全従業員に徹底することにより、個人情報を利用目的の達成に必要な範囲を超えた目的外利用をすることはいたしません。
    当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
    また、リスク対策を確立し、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正することにより、的確に防護をいたします。
    個人情報に対する苦情及び相談につきましては下記窓口へメール、電話等によりご連絡をいただければ、速やかにこれに対応させていただきます。
    当社は、個人情報保護マネジメントシステムを定期的に見直し、継続的に改善を進め、お客様よりなお一層信頼される会社を目指して精進してまいります。
    制定:平成18年9月1日
    最終改定日:平成21年4月7日
    株式会社山崎文栄堂
    代表取締役 山崎 登
    【当社における個人情報の利用目的について】
  • ・オフィス関連用品・機器の販売及び機密文書の回収業務、セミナーの開催
    弊社がオフィス関連用品・機器の販売及び機密文書の回収業務、セミナーの開催を行う際にお客様からのご注文の処理、お問合わせに対する調査・応答等の連絡のため
  • ・採用応募者の入社後、当社における人事管理に関わる業務
    従業員管理
    事業活動遂行のための社内イベント活動を含む従業員管理、福利厚生業務のため
  • ・問い合わせ窓口
    お問い合わせに回答する目的
    対応履歴
  • 【当社の個人情報の取扱いに関するお問合せ窓口】
    コールセンター業務課 苦情・相談窓口
    住所:東京都渋谷区渋谷4-5-5
    電話:03-5464-7110
    電子メール:askul@bun-eidou.co.jp
    個人情報の開示に関しては「「個人情報の開示について」」をご覧ください。
  • 【苦情解決の第三者連絡機関】
    当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が経済産業大臣および総務大臣により認定をうけた 「認定個人情報保護団体」として行う業務の対象事業者となっております。
    当社が保有する個人情報に関する苦情については、一般財団法人日本情報経済社会推進協会へもご連絡いただくことができます。
    認定個人情報保護団体の名称 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
    苦情解決の連絡先 プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室