トップページ > 採用情報 > 先輩メッセージ > 長谷川 拓也

長谷川 拓也

TAKUYA HASEGAWA

  • PROFILE

    長谷川 拓也

    2014年 中央大学卒業
    2014年 株式会社山崎文栄堂 入社
    アスクル事業部 営業推進課 配属
    2015年 名刺サポート事業部 配属          

私の仕事内容

  • 名刺サポート事業部ですでにアスクルでお付き合いさせていただいているお客様に提案活動をしています。
    お客様の現状の名刺の発注状況などをヒアリングをし、
    名刺の発注や修正に手間を感じていたり、納期にお困りのお客様にご提案をしています。
    名刺だけの提案をするだけではなく、アスクルやオフィスでお困りごとがないかもヒアリングし、
    お客様の改善されたいことを解決するお手伝いをさせていただいています。
    お客様によってお困りごとやご要望も異なるので、時には自分ではわからないこともあります。
    わからないことがあれば上司・先輩に相談してアドバイスをいただいています。




この仕事をしてよかったと思う事

  • 「今までよりも作業が楽になり、助かりました。」であったり、
    「長谷川さんに任せるよ」などと言っていただけたときによかったと感じます。
    何度もお客様の元へ足を運んだり、連絡をすることで、だんだんとお客様と仲良くなり
    仕事だけでなくプライベートのことなども話せるような関係になれることが嬉しいですね。
    アスクルをきっかけにお客様の課題に感じることや改善したいことを
    実際に解決できたときやお客様のお役に立てて喜んでいただいたときはこの仕事をしていて
    良かったという気持ちになりますね。

この仕事をして大変だった事

  • 今年の8月に名刺サポート事業部へ初めて異動という経験をしたのですが、
    今までのアスクル事業部から仕事の内容の大きく変わるので、
    新しいことを覚えたり、仕事の引継ぎをすることが大変でした。
    新しいことは上司や先輩が丁寧に教えてくれますし、できる仕事が増えていくことで
    自分自身の成長も感じられるので、大変な仕事にも前向きに取り組むことができています。

学生時代の自分

  • 友達とよく遊んでいました。学校やサークルが終わった後、地元でよく飲んだりしていました。
    サークルはフットサルサークルに入っていました。休日も大学や地元の友達とフットサルの大会によく出ていました。
    授業はよくさぼりがちで、テストぎりぎりになってから単位をとるために
    友達と組んでテストの情報収集をしたこともいい思い出です。
    現在の彼女とは大学時代に兵庫と埼玉での遠距離恋愛を2年間経験したこともいい思い出です。

山崎文栄堂を選んだ訳

  • 山崎文栄堂を選んだ理由は、代表の山崎を含め山崎文栄堂の社員の人柄です。
    就職活動は大学3年の10月から始めました。進みたい業種なども決まっておらず、
    興味を持った企業の説明会や選考を受けていました。
    友達に誘われて嫌々参加した合同説明会で山崎文栄堂に出会い、
    「会社説明会に来てみなよ」と誘っていただいたが山崎文栄堂との出会いでした。
    会社説明会で社長の山崎と出会ったときは衝撃の一言でした。
    山崎のテンションと人柄に大きな衝撃を受け、面白そうだなと思い、選考に進みました。
    最終選考で山崎の「かばん持ち」という社長の山崎と1日をともにする選考をさせていただき、
    その際に山崎から良いことも悪いこともすべて話してもらったこと、自分自身のこともありのままを
    話した経験をさせていただきました。
    採用担当や社員の方からもたくさん連絡や声をかけていただいたり、かばん持ちをさせていただいた中で
    この人たちと働きたいなという思いが強くなり、山崎文栄堂での入社を決めました。

学生の皆さんへメッセージ

  • 就職活動で大切なことは、自分で行動して会社・人と出会うことだと思います。
    私はやりたい仕事や業種が決まっていなかったので、とにかく自分から直接会社や人のことを
    知ることを大切にしていました。今はWEBで簡単に情報を得ることができるので、
    そういった情報を参考にすることも多いと思いますが、就職活動においては、
    自分自身の目で見て感じることが大切だと思います。自分の足で動いた分だけ、よりよい就職活動が
    できると思います。自分の足で動いて出会った会社・人との出会いを大切にしてほしいです。
    今後の人生が楽しくなるような、素敵な会社に出会えることを心より応援しています。

v